スタイリングの時コテって使ってますかぁー?

結構、使ってる方って多いですが、

巻き方のバライティーの数が少ないよ。

って方や、

どぅ巻いたら良いか分からないって方が

多いんですよね。

自分で自分の髪を巻くのって難しいよね。

特に後ろと左側。。

今日は巻き方ではなく、

巻き方でこんなに印象変わりますよって記事です。

巻く時のポイント

温度は140℃から160℃

コテに挟んでる時は3秒ルール

離したら手で支える

最後に軽めのWAXでほぐす。

本日のモデルちゃん

image

image

さっそく巻いてみましょう

ベーシックな内巻きワンカール

image

比較的、簡単で尚且つ清楚な印象。

低温で毛先のみを軽く巻きます。

自然なくせ毛風巻き!image

image

浮遊感があり、軽やかでこなれ感がでます!

これは難しい巻き方ですが、是非覚えて欲しい巻き方です。

巻きと行ってますが厳密にはトップしか巻いてません。

グラデーションカラーやバレイヤージュのスタイルに相性良いですね。

 

まだまだ巻き方はありますが、これだけは

避けたいパターン!

チョココロネ巻き

image

別名、ブリンブリン!(汗)

これだけは避けたい。

ゴージャス感満載ですが、少し懐かしい時代を感じます。。

高温でぐいぐいと巻いて長い時間挟んでいると、ダメージにも繋がります。

本当は一つずつ説明したいのですが、僕の文才がないので、申し訳ありません。

お店で聞いて頂ければ、一緒に巻く練習しましょう( ´ ▽ ` )ノ

image

やっぱりヘアスタイルって印象変わるよね。

 

 

投稿者プロフィール

島崎 直
島崎 直maHaLo manager
髪が綺麗になって、扱いやすくなった。 そして、毎日鏡みるのがmore Happy☆ そんな風に言っていただけるよう 施術は最大限、工夫させていただいてます。ヘアスタイルはお客様と協力して作っていくものです。 美髪クリエーターとして毎日奮闘しております どんな些細な悩みもご相談ください インスタにスタイル(時々プライベート)も載せているので是非見てください ↓ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です